お葬儀の事でよくある質問

和歌山での葬儀・お葬式は創業明治5年の葬儀社「慶集社」
和歌山で、葬儀について今すぐ決めなければならない方
慶集社トップページ > お葬儀の事でよくある質問

お葬儀のQ&A

家族葬はどう行うのがいいのでしょうか?
家族葬とは質素なお葬儀の事ではありません。本来の意味は、お葬儀をご家族、ご親族のみで行いお通夜(通夜式)や告別式に一般の会葬者を招かないお葬儀のことです。大切なことは、ご家族の皆様が故人様にどれだけのことをしてあげたいのかということです。
▲このページの上に戻る
「事前相談、生前予約」とはどう違うのですか?
「事前相談」とは、お葬式についてご本人やご家族が前もって葬儀社等と打ち合わせを行うことで、実際にお葬式を頼むかどうかは決めていない状況でも行うことができます。「生前予約」とは打ち合わせの後、その葬儀社とお葬式の契約を事前に済ませることをいいます。
▲このページの上に戻る
葬儀の費用はどのように決められているのですか?
葬儀社によってプランが予め組まれているケースなど様々ですが、お布施などを除く費用に関してきちんと説明をしてくれる葬儀社を選ぶことも重要です。慶集社では必要な項目やグレードをお客様に選んでいただくことで、予算に応じたお葬式ができるよう努めています。
▲このページの上に戻る
美粧衛生はどういった流れでしてくれるの?
故人様が安置されているご自宅や式場に訪問させていただきご出棺までの期間、必要に応じたお世話をさせていただきます。最初にお身体の状態を確認させていただき、お綺麗にし、お着替えを済ませ、状態や日数に適したご処置・冷却・メイクを行っていきます。お式の前にもう一度メイク直しをさせていただき終了となります。
▲このページの上に戻る
病院で処置や化粧はしてもらったのですが、美粧衛生との違いは?
病院でのご処置やメイクは『退院の際のご処置・メイク』だと考えていただければ良いと思います。大きな違いは帰宅後、安置されてからお葬儀までの間、つまり医療を離れてから時間の経過とともに進む「死後の変化」に対応しなければならない点です。これには別の専門知識と技術によるご処置・メイクが必要となり、葬儀社に委ねられているのが現状です。
▲このページの上に戻る
ご遺体からの感染ってあるのですか?
例えばB型・C型肝炎・HIVなど以前は生前の疾病により感染性のある場合に注意がされていました。しかし、現在では死亡後にご遺体から流出するすべての血液や体液、排泄物(嘔吐物も含む)は感染性のあるものと考えられています。安易な接触は危険な行為であり、感染事故に繋がりますので専門家によるご処置・手当てが必要です。手当てやご処置がなされなかった場合、数時間続くこともあるため、原因を突き止め適切な手当てをすることがとても重要となります。
▲このページの上に戻る
美粧衛生をお願いすると費用はどうなりますか?
慶集社では、美粧衛生師が、お亡くなりになられた日からご出棺までの期間、ご遺族に代わり故人様のお世話をさせていただきます。そのため費用に関しましては、病院でのご処置や他社のご納棺、ご湯灌、メイクのみといった一過性のサービスとは単純に比較することはできませんが、ご負担が大きくならないように設定しておりますので安心してお任せいただくことができます。また、美粧衛生のみを提供する慶サービスをご利用いただくことも可能です。
今家族葬が流行っていますが自宅(一軒家)でも家族葬はできますか?
自宅(一軒家)で家族葬はできます。昔(20年ほど前まで)はどこの家でも自宅でお葬式をしていましたが、会葬者が多く駐車場を確保するのが困難になってきたため葬祭式場でお葬式をするようになりました。最近のような家族葬であれば駐車場の心配も少なくなってきましたので自宅でもお葬式ができます。
ただ建物の構造により自宅で出来ない場合もあります。
マンションに住んでいるのですが、マンションでもお葬式はできますか?
マンションでのお葬式ですが、マンションやアパートのような集合住宅では残念ながらお葬式はできません。
その理由として建物の構造上の問題があります。故人様をご搬送する際、人が寝た状態で搬送されます。そのときに廊下の幅が狭く部屋に入るときには曲がれません。たとえ担架に乗せて部屋に入れることができても、お棺で部屋から出すことができなくなります。
ご自宅が一軒家でもよく似た事があります。入口からは入れるのですが、安置する部屋までの廊下が曲がっていたりするとご搬送することができません。
このような条件に該当する建物では故人様を連れて帰る事も難しくなってきます。
家族葬でお葬式をしたいのですが、故人は花が好きだったので祭壇の生花などを華やかにしてはいけないのですか?
家族葬のことですが「家族葬なのでお葬式を質素にしなければならない。」ということはありません。家族のみで故人様を送ってあげるのが家族葬なので、華やかな祭壇や供花、お棺なども気に入った物が見つかればそれを選択してもらってもかまいません。
家族葬では、ご遺族・ご親族の皆様が故人様をどのように送ってあげたいのかが最も重要なことになります。
家族葬をした後、「自宅にたくさんの方がお参りにきてくれて疲れて寝込んでしまった」と近所の方に聞いたのですがこのような事はよくあるのですか?
家族のみで家族葬をした場合、お葬式が終わってから近所の方や友人達が自宅にお参りに来てくれます。その理由としまして、一世代前で15年〜30年前にお葬式にお参りに行ってお香典をお供えしてきている方が多いとおもいますが、お香典をもらった側からすればお香典のお返しをしなければなりません。
家族葬はここ数年でいっきに流行ってきた葬儀形態ですので、お葬式にお参りに行けなかった方は自宅にお悔やみと共にお供えを持ちお参りに来てくれます。
ここで一つご提案なのですが、家族葬であれば会社関係まで連絡する必要もありませんので、ご近所の方と故人様の友人達にお葬式へ参ってもらってはいかがでしょうか?日程と場所が決まっているときに故人様を知る方々にもお別れをしていただき、皆様でお送りしてあげることができます。このようにすることでお葬式の後にお参りに来る方も少なくなります。しかしなによりもご家族のみならずご近所の方や友人達もお別れができますし、故人様もお喜びになると思います。
遺影写真をつくるとき10年〜20年前の写真でもいいのですか?
遺影写真に使う写真を選ぶのはすごく難しく大変だと思います。その中でも「古い写真はたくさんあるのに最近の写真がない。」といったことはよくあります。遺影写真を選ぶときはまずピントが合っているのが一番の条件になりますが、○○年前の写真というのはあまり気にしなくてもいいと思います。何年も前でも「この写真が一番本人らしい」という写真を選んでください。最近では高齢で亡くなられる方が多いのですが、その写真を遺影写真に使うとイメージが変わり別人に見えることが多いようです。たとえ20年も前の写真でも元気だったころの本人らしい写真を選んでください。
遺影写真にとして残る写真はずっと仏壇のそばで置いておく写真になります。今、生きている皆様も元気なときに自分らしい写真やお気に入りの服を着た写真を撮っておくのもいいと思います。

関連コンテンツ

慶集社のお葬儀の流れ お葬儀の費用 お葬儀に備えて(メモリーノート)

お葬儀について解らないことは何でもお気軽にお問合せください。

お葬儀の無料相談もお気軽にどうぞ
▲このページの上に戻る

よく読まれている葬儀関連コンテンツ

葬儀費用の誤算(考えていた費用と実際の内容とのギャップ)
故人様の親戚や知人の皆様へのお知らせの遅れ
故人様や自分たち家族にとって本当に納得できる葬儀であったかどうかという事後の反省
ただあわただしい中で葬儀が終わってしまい、送ってあげたという実感が湧かない
故人様との絆の確認ができなかった(遺してくれた様々なものを見ながら思う)
一般の方への連絡・対応(香典など)

しっかりと葬儀の準備を
先ずしっかりと葬儀というものはどういうものなのかという知識を付け、事前に信頼できる葬儀社としっかりと話し合って見積もりを作ることが大切です。
葬儀の希望をこのノートのようなものを使ってしっかりと書面にして残しておくことと同時に、家族に伝えておくことで、いざという時も遺されたご家族はお別れの儀式で後悔することなく、充足感の得られるお葬儀が出来ます。 何事もそうですが、事前に準備しておいてあげることが大切なのです。

■以下のコンテンツをお読みいただくといざという時にお役にたちます。

お葬儀に備えて(メモリーノート) 慶集社のお葬儀の流れ お葬儀の費用

よく読まれている葬儀関連コンテンツ

家族葬の正しい形 ご香典はいろいろ考えてから決めましょう 菩提寺は重要!
▲このページの上に戻る

慶集社コンテンツ

和歌山の葬儀社、慶集社と当webサイトについて

関係企業(外部リンク)

美粧衛生「慶サービス」

有限会社 慶集社

〒640-8117 和歌山県和歌山市南細工町14

当サイト内の写真や文章、すべての内容につきまして無断転載・転用は、これを固くお断りいたします。

ネットショップ制作とネットショップ運営代行【e.C.MORIMOTO】