家族葬の正しい形

和歌山での葬儀・お葬式は創業明治5年の葬儀社「慶集社」
和歌山で、葬儀について今すぐ決めなければならない方
慶集社トップページ > 家族葬の正しい形

家族葬の本当の意味

最近よく言葉だけが独り歩きしている感じがあるのが「家族葬」

規模の小さい葬儀のことをそう呼んでいるようですが、実は家族葬とは質素なお葬儀の事ではありません。 家族葬の本当の意味は葬儀をご家族、ご親族のみで行い、お通夜(通夜式)や告別式に一般のご会葬者を招かない葬儀の事です。

一般のご会葬者を招いた場合、それは規模の大小に関わらず、一般葬になります。
ですからご家族とご親族だけで葬儀を行う場合でも、ご親族の数や祭壇の大きさによっては規模の大きいお葬儀になる場合もあります。

まず大切なのは、「ご家族の皆様が故人様にどれだけのことをしてあげたいか」です。
その後で家族葬にするのか一般葬にするのかを決めると理想の葬儀が出来ると思います。

家族葬のメリット
 ・参列人数の確定がしやすい。つまり葬儀予算の変動が少なく、日程などが自由に設定しやすい。
 ・弔問客に気を遣うことが少なく、落ち着いて故人様とのお別れに集中できる。
 ・虚飾を排し心のこもった葬儀を行いたいと願うご遺族にとってはいいお葬儀になる。

家族葬のデメリット
 ・弔問客(主に知人や近隣住民)に極力知られないようにするため、自宅や集会所などでの葬儀は基本的に出来ません。このため、葬儀社や公営の霊安室・式場を使用することになるので、そのための費用が必要になります。
 ・弔問客から、葬儀後に苦言を呈されるなどの不義理が生じる場合があります。
 ・後日自宅にバラバラに弔問客が訪れることになり、そのための対応に苦慮することがあります。

上記のようなメリット、デメリットをきちんと考えて家族葬を選んでください。
費用については一般葬に比べほとんど変わらりません。ただ、一般葬でご遺族の収入となるご香典や弔慰金がほとんどなく、お葬儀の費用と相殺できないので、一般葬よりも費用負担が増える場合があります。

▲このページの上に戻る

よく読まれている葬儀関連コンテンツ

家族葬の正しい形 ご香典はいろいろ考えてから決めましょう 菩提寺は重要!

よく読まれている葬儀関連コンテンツ

葬儀費用の誤算(考えていた費用と実際の内容とのギャップ)
故人様の親戚や知人の皆様へのお知らせの遅れ
故人様や自分たち家族にとって本当に納得できる葬儀であったかどうかという事後の反省
ただあわただしい中で葬儀が終わってしまい、送ってあげたという実感が湧かない
故人様との絆の確認ができなかった(遺してくれた様々なものを見ながら思う)
一般の方への連絡・対応(香典など)

しっかりと葬儀の準備を
先ずしっかりと葬儀というものはどういうものなのかという知識を付け、事前に信頼できる葬儀社としっかりと話し合って見積もりを作ることが大切です。
葬儀の希望をこのノートのようなものを使ってしっかりと書面にして残しておくことと同時に、家族に伝えておくことで、いざという時も遺されたご家族はお別れの儀式で後悔することなく、充足感の得られるお葬儀が出来ます。 何事もそうですが、事前に準備しておいてあげることが大切なのです。

■以下のコンテンツをお読みいただくといざという時にお役にたちます。

お葬儀に備えて(メモリーノート) 慶集社のお葬儀の流れ お葬儀の費用

▲このページの上に戻る

慶集社コンテンツ

和歌山の葬儀社、慶集社と当webサイトについて

関係企業(外部リンク)

美粧衛生「慶サービス」

有限会社 慶集社

〒640-8117 和歌山県和歌山市南細工町14

当サイト内の写真や文章、すべての内容につきまして無断転載・転用は、これを固くお断りいたします。

ネットショップ制作とネットショップ運営代行【e.C.MORIMOTO】